保守管理及び工事

清掃施設の保守と管理及び更新工事


 

し尿処理施設や汚水処理施設では、通常の管理メンテナンスが非常に重要となります。万一不備や欠陥があるとせっかくの設備が正常に機能しないばかりか、周辺環境に悪影響を与えることにもなりかねません。

サニタリーはこれらの施設を専門的立場から厳しくチェック、各種施設の機能維持をサポートし定期的に槽内汚泥を吸引及び清掃・点検を行います。また、不純物やガス等によりコンクリートの劣化があれば速やかに更新工事を施し、施設の延命を可能とします。


 

槽内清掃

 

汚泥吸引車
汚泥吸引車

清掃中
清掃中

強力吸引車を使用し槽内の汚泥を吸引、清掃します。


補修工事

沈砂着工前.JPG

清掃前の状況ですが、補修の前に清掃を行います。

 

 

 

 


沈砂補修前.JPGのサムネール画像

清掃を完了し、これからハツリを行います。

 

 

 

 


沈砂超高圧ハツリ後.JPG

超高圧ハツリで不純物や劣化コンクリートを取り除きます。

 


エレホンフィックス塗布後.JPG

コンクリート欠損部に断面補修材エレホンフィックスを塗布します。

 

 

 

 


クリスタル塗布状況.JPG

防水補修材クリスタルライニングを塗布します。

 

 

 

 


クリスタル塗布完了.JPG

クリスタルライニングは耐衝撃性、耐摩耗性が高く耐久性があるので長期間槽内を保護することが出来ます。